おまとめローンで気軽に返済!ご利用は計画的に!

ローンと銀行の関係

紙幣の手渡し

おまとめローンと銀行の関係性が変わったことにより、今後は審査に通らないという方も増加してくることが考えられます。2017年現在現行系のおまとめローンは今後総量規制の対象となること見込まれ、借り入れする場合は年収の3分の1までとなっています。つまり年収の3分の1を超える額の借金がある場合は、銀行系のおまとめローンでは審査が通らないことがあるのです。現在では総量規制対象外のおまとめローンは銀行系ではなく消費者金融系のサービスにあるため、どうしても一本化を行いたいという方はそちらを選択することになるでしょう。消費者金融のおまとめでも低金利なものが揃っていることがあり、月々の負担をおさえたいという方には有益な場合もあります。

銀行系のおまとめローンをどうしても利用したい場合は、しっかりと返済額をチェックする必要があります。個人の年収額によって借り入れできる額が大きく異なりますので、おまとめする場合でもしっかりと減額できるものは減額してから申請するのが良いでしょう。グレーゾーン金利での借り入れ分の減額や過払い金などのチェックを行うことで債務整理としても大きな効果が期待できます。銀行系で借り入れを行うことができない場合は消費者金融系から借り入れることになりますが、その際には金利やサービスなどをしっかりと見極めた上で利用するのが望ましいです。状況が悪化してしまうこともあるローン商品なので個人が気をつけることが最大のポイントになります。

カードローンのおすすめは?

現金と喜ぶ手

カードローンのおすすめはと言われたら答えることができますか?実際にそんな方は多くないでしょう。しかしおすすめの商品を知ってことはいざというときに役立ちます。ぜひ知っておきましょう。

銀行系カードローンを使う

現金を手にして喜ぶ女性

カードローンを使うときには銀行系カードローンも選択肢にあがるでしょう。他のサービスとどのようなポイントが違うのか、実際の使い方の方法などをおさえておきましょう。

比較してカードローンを選ぶ

現金と砂時計

カードローンを利用するのに比較しないのはもったいないでしょう。個人のあったサービスを選択することで返済などもスムーズになります。しっかりと見極めて使うローン商品を選びましょう。

記事一覧

現金化を利用した男性

「おまとめローンで気軽に返済!ご利用は計画的に!」の記事一覧です。